井上フヂヲ(尾道のサックス奏者)

広島県尾道市を中心に
サックス奏者として活動している井上フヂヲです
ライブのことや、経営している音楽教室の
サウンドトレジャーに関する記事など

2019年01月

音源制作サービスやってます

ココナラというサイトで音源制作のサービスを承っております。

一昔前のCD付き楽譜は模範演奏も収録されているものが多かったのですが最近のはカラオケ音源のみのものが多いようですね。


僕の生徒さんもそういったものを購入されている方がまぁまぁおられるのですが「楽譜がきちんと読めなくて練習ができない」という理由でそれをレッスンで練習されている方が多いです。

イントロや間奏の長さもある程度休符を理解してないと曲の入りを掴むのも難しいです。


もしかして同じような理由で悩んでおられる方がいるんじゃないかと思って、カラオケ音源にサックスをミックスした音源を作るというサービスをやってます。


こちらのリンクからどうぞ。
https://coconala.com/services/706141


【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さ重視で

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


リードは吹き心地の良いものを

今回はリードの選び方について書きます。


サックスの音はリードがないと出ません。
そしてリードの種類やマウスピースとの組み合わせ、取り付け位置の調整などによって音色が変わりますので、リード選びはとても大切です。

硬さや種類が同じでもマウスピースとの組み合わせによっても吹奏感や音色が異なりますので「このリードはこんな感じ」というのはまた別の機会に書こうと思います。


◆少し抵抗のあるものを
新品のリードは乾燥しているのとコシがしっかりしているのが相まって本来のコンディションよりも硬く感じる傾向にあります。
新品のリードを使う際にほんの少しだけ吹奏感がキツい程度のものを選ぶのが良いと思います。
最初から抵抗なく演奏できるリードは5回くらい使うとペラペラな感じになったりフォルテッシモで息を入れようとした時に詰まってしまうことがあります。


◆定番ではなく吹奏感で
吹奏楽部をやっていた方の殆どがバンドレンの青箱を使っています。
で、聞いてみると結構しんどかったり他のリードを使ったことがない、という声を聞きます。
なぜ青箱を使っているのか聞いてみると「これが良いと吹奏楽部の顧問が言っていたから」という返答。
確かに、初心者の方ばかりで部活内だけで演奏するとなると個性が出にくく音色が安定しているリードという面で青箱は良いです。
なのですが趣味でポップスやジャズを演奏するのであれば様々なリードを試してみることが必要です。

◆マウスピースを変えたらリード変更も意識する
マウスピースを変えると同じリードでも吹奏感と音色が変わります。
音色について拘りがないとしても、もし吹奏感が心地よくない場合はリードを変えてみましょう。
抵抗が強いなら番数を下げる、ペラペラ感があるなら番数を上げる。そこから、ダークな音色、ブライトな音色、クリアさ、雑味など求める方向性で種類を変えていくと良いです。


演奏するのはあなたです。
あなたの感覚で、気持ち良く演奏できるセッティングをすることが良いサウンド、良いプレイに繋がります。



【サックスとfujiborn】
いつも同じ姿勢で演奏できることも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


保育園、幼稚園での演奏依頼を募集しています

MISP(多次元即興的サックス表現)という演奏スタイルでソロで活動するようになってから、僕の演奏を聴きながら熱狂的に踊るお子さんによく遭遇するようになりました。

先日も尾道商店街での屋外演奏中に最前列で3歳くらいのお子さんが5人並んで楽しそうに踊っていました。


そこで、、、

一応、大学で幼稚園に教育実習に行き、幼稚園一種教員免許を取得した僕が保育園や幼稚園で演奏したら何だか楽しいかもしれない、と思ったので演奏の場を探しています。

有料で受け付ける予定ですが、まずはモニター的に3会場だけ無料で受け付けます。できたら尾道、福山、三原が良いのですが広島県内であれば大丈夫かもしれません。


お問い合わせは
メール treasure.hunter.inoue@gmail.com
LINE soundtreasure



【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


デキる人はデキない所を練習している

今回は僕の生徒さんの練習方法についてリサーチして感じたことを書きます。


「デキる人の練習」は何が違うのか。

結論を先に書くと、上達の早い生徒さんは苦手な部分をしっかりと練習する、ということです。


レッスンをする時、基礎練習でも曲でもその生徒さんが今よりも少し上達するようなレベルの教材を用意します。
で、新しい教材がなかなか上達しない生徒さんに共通しているのが
「できない箇所はミスをしてもそのまま、或いは流す程度の練習をしている」ということです。

でもちゃんと練習はしています。
何を練習しているのかというと「できる箇所を繰り返し演奏する」ということをやっています。

結果として、既にできる箇所だけが身につきます。
そして曲の中で不得意な箇所、よくミスる箇所は練習量が少ないので当然そこで引っかかったり止まったりします。

練習している本人は全体をまんべんなく練習している錯覚を持ちますので「何で上達しないんだろう?」と感じていたりします。


上達の早い生徒さんは逆の練習をしています。

「先ずミスをする箇所や苦手な箇所をじっくり練習する」
という練習方法です。

できる箇所は既にできるので練習量は少しで良いというのが理解できていると「苦手な箇所に重点を置く」という発想になります。


練習をすることで苦手な箇所を克服すれば「既にできる箇所」になります。

このようにして、例えば1曲の中で苦手な箇所が3箇所あればそれを1つずつクリアしていけば曲全体をマスターできます。


ただ、人というのはどうしても不得意な部分を避けますので「自分が今どのような演奏をしているのか」ということを練習時は常に意識する必要があります。

1回の練習の中で「ミスする箇所8割、既にできる箇所2割」という配分で(なかなか苦しいので我慢しつつ)練習すれば、3ヶ月くらいで間違えるほど演奏レベルが上がっていることを実感できるでしょう。



【サックスとfujiborn】
いつも同じ姿勢で楽器を構えるのも上達です

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


2月のソロライブのお知らせ



AB93CE01-1266-4F63-A0BB-994CE0B798D5


尾道での今年1回目のソロライブを2月3日にやります。

今回はピアノの実歳陽子さんがゲストで参加してくれます。


前半はオリジナルの歌の弾き語り、後半はMISPスタイルのサックス演奏ですがピアノも加わりますので僕のアルバムに収録しております「夕暮れのオノミチ」などバラードをピアノデュオで演奏する予定です。


【サックスとfujiborn】
クリーニングスワブは時々洗いましょう

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/


ギャラリー
  • 尾道、烏須井八幡神社例大祭ありがとうございました
  • 広島と尾道でMISP
  • 広島と尾道でMISP
  • 米子BEXXライブありがとうございました
  • ソロライブありがとうございました
  • ソロライブありがとうございました
  • Nothing Gonna Change My Love For You サックスで吹いてみた
  • 10月のライブ予定
  • 10月のライブ予定
  • back numberのHAPPY BIRTHDAYを吹いてみた
  • し・ま・の・音楽祭に参加しました
  • し・ま・の・音楽祭に参加しました
  • し・ま・の・音楽祭に参加しました
  • 高千穂でのライブ
  • 高千穂でのライブ
  • 高千穂でのライブ