一人の人が「今までできなかったことができるようになる」というのはどんな内容であっても素晴らしいことだと思います。

今までできなかったことをできるようにするには、先ず挑戦することがなければ始まりません。
次に、内容に応じて鍛錬や時間の経過が必要です。
そして継続するということも不可欠です。

音楽教室というのはシンプルに「歌や楽器を教える」のが役割ですが、その中で「新しいことができるようになる感動」を得て頂ける場だと思います。

とある「私」が音楽教室へ通い始め「ずっと憧れていた曲を自分で演奏できるようになる」って、それだけで物凄くドラマチックじゃないかと思うんです。

そして更にその演奏を聴いた人がまた感動をするという連鎖が起こることで自分も他人も幸福な時間を過ごすことができます。


明後日、6月2日はサウンドトレジャー音楽教室の演奏発表会です。
小学生から70代の様々な「私」がそれぞれのドラマのワンシーンとして歌や楽器演奏を発表します。

上手く演奏できても、できなかったとしても、それがまたドラマチックなので僕には感動的なシーンであることに間違いないのです。



【サックスとfujiborn】
スケール練習は速さではなく正確さを重視

◆宇宙なブログ
http://blog.livedoor.jp/soundtreasure-ucyuunohousoku/
◆ライブスケジュール
http://93.xmbs.jp/st0925inoue-230361-ch.php?guid=on
◆サウンドトレジャーHP
http://93.xmbs.jp/st0925inoue/